妊婦中のカフェインの影響は?

妊娠中のカフェイン摂取がもたらす胎児への影響

妊娠中の女性が摂取したもののほとんどは、胎盤を通じて、赤ちゃんに移行します。カフェインもそのひとつです。ママが摂ったカフェインは同じカフェイン濃度で赤ちゃんにも与えられます。ですから、ママにとっては普通のカフェイン量であったとしても、小さな赤ちゃんからしてみれば大量のカフェイン!通常、カフェインは肝臓で排泄処理をされていますが、まだまだ肝臓が十分にできていない赤ちゃんはうまく分解したり排泄したりすることも出来ません。
カフェインは「眠気覚ましによい」といわれるように、体への刺激性や興奮作用があるといわれます。そんなカフェインが小さな赤ちゃんの体内に蓄積されてしまうのは、すこし心配なことです。また、カフェインは胎盤の血流を減少させるという説もあります。
現在のところ、妊婦さんや胎児に対するカフェインの影響ははっきり分かっていません。しかし、多くの医師や専門家は、妊婦さんのカフェインの摂り過ぎは良くないと指摘しています。大切な赤ちゃんのためにも、妊娠中の飲み物は出来るだけカフェインの入っていないものを選ぶようにしたいものです。

妊婦さんにオススメのノンカフェインドリンク

カフェインが含まれていない「ノンカフェイン」と呼ばれる飲み物には、麦茶や杜仲茶や甜茶(てんちゃ)、ハーブティー全般などが挙げられます。また、カフェインの含まれていないハーブや雑穀を使ったコーヒー、原料からカフェインを除去した「デカフェ」と呼ばれるコーヒーや紅茶などもあります。妊娠全期をストレスなく過ごすためにも、こういったノンカフェインドリンクを上手に代用してみましょう。
なお、ハーブティーの多くはノンカフェインですが、ハーブの種類によっては妊婦さんに向かないものもあります。購入時には注意して選んでください。

お茶・コーヒーのカフェイン含有量(抽出液100mlあたり)

飲料名 カフェイン含有量
コーヒー 60mg
紅茶 30mg
烏龍茶 20mg
番茶 10mg
ほうじ茶 20mg
煎茶 32mg
玄米茶 10mg
抹茶 32mg
玉露 160mg

※文部科学省による五訂日本食品標準成分表より
※茶葉の量・湯温・抽出時間などによってカフェイン含有量は異なります。