ベビ待ち中のカフェインの影響は?

妊娠しやすさとカフェイン摂取の関係

よく「妊娠中のカフェインの摂り過ぎは胎児に良くない」といわれますが、それではベビ待ち中(妊活中)のカフェイン摂取は特に問題がないのでしょうか?これについては色々な説があり、明確なことは分かっていません。
ただ、一般的に「授かりやすい体=ポカポカ温かな体」といわれています。一方、カフェインは体を冷やすと考えられており、温かな体づくりには不向きな物といえるでしょう。また、アメリカで行われた研究によれば、多量のカフェイン摂取が妊娠しやすさを低下させたというデータも報告されています。
カフェインの影響はまだ不明確な部分もたくさんありますが、ベビ待ち中の体は「これから赤ちゃんを迎える大切な体」です。出来るだけイイ状態であるためにも、カフェインを摂り過ぎないようにしたり、カフェインの入っていないものを選ぶようにしたりすることはとても大切といえるでしょう。

ベビ待ちさんにオススメのノンカフェインドリンク

カフェインが含まれていない「ノンカフェイン」と呼ばれる飲み物には、麦茶や杜仲茶や甜茶(てんちゃ)、ハーブティー全般などが挙げられます。ベビ待ちさんがノンカフェインドリンクを選ぶなら、妊活中のコンディションUPを応援してくれるようなハーブティーがお勧めです。ハーブティーはブレンドされたハーブによって、体を温めてくれたり、ストレスをケアしてくれたり、疲労を回復してくれたり…といった効果が期待できます。
味も、まるでお茶みたいにサッパリしたものから、フルーツティーのようなほんのり甘味があるものまで色々あります。飲むシチュエーションやお好みにあったものをぜひ探してみてください。

お茶・コーヒーのカフェイン含有量(抽出液100mlあたり)

飲料名 カフェイン含有量
コーヒー 60mg
紅茶 30mg
烏龍茶 20mg
番茶 10mg
ほうじ茶 20mg
煎茶 32mg
玄米茶 10mg
抹茶 32mg
玉露 160mg

※文部科学省による五訂日本食品標準成分表より
※茶葉の量・湯温・抽出時間などによってカフェイン含有量は異なります。