妊活中のお酒、少しくらいなら大丈夫?

近年、晩婚化が進み、女性が妊娠を考え始める年齢が高くなる中で、不妊の原因のひとつとして「卵子の老化」という問題が指摘されています。卵子の老化についてはインターネット上だけでも非常に多くの見解や予防策を見かけますが、必要以上に不安がらず、出来ることを実践していくためにも正しい知識を身につけましょう。

女性の卵子は女性の年齢分だけ老化している

そもそも女性は、卵巣の中に卵子の元となる原始卵胞を持って生まれてきます。その際、卵巣の中に蓄えられている原始卵胞の数は約200万個。以降、増えることはなく、生理が始まるまでに約170万個もの原始卵胞が消滅してしまいます。そして生理が始まってからは、一回の生理周期において約1000個の卵が減っていきます。
つまり、女性の卵子は生まれた瞬間にはすでにストック数が決まっており、年齢を重ねるごとにどんどん数が減っていって、やがて、ある一定の数まで減った時に「閉経」という現象が起こる仕組みになっているのです。
加えて、毎回の排卵により排出される卵子は生まれた瞬間にはすでに体内に存在している“ストック分”であり、自分が年齢を重ねた分だけ卵子も年を重ねています。例えば、30歳の頃には30年間年月を重ねた卵子、40歳の頃には40年間年月を重ねた卵子が排出されていて、その差10年という加齢の分だけ、どうしても卵子の質が低下しています。これがいわゆる「卵子の老化」という問題なのです。

老化の状況は個人差が大きい!卵子の質は人それぞれ

前述の通り、卵子は女性の年齢と共に年をとり、年をとった分だけ質が低下していきます。しかし、卵子の質を老化させる要因は加齢以外にもたくさんあり、「年齢=卵子の質」ではありません。
老化という状態をもう少し分かりやすく、お肌の問題で考えてみましょう。シワやシミ、たるみ、乾燥感といった肌の加齢現象は誰にも等しく訪れます。ところが、40歳の人が全員、同じような肌をしているわけではありません。実年齢を疑うほど若々しいハリのある肌をしている人がいる一方で、小ジワや肌の衰えが目につき、実年齢より老けて見えてしまう人もいらっしゃいます。その差は「老化速度の違い」です。老化速度は個人の食生活や生活習慣によって大きく異なります。老化を早めるような生活を送っていればその分、肌も早く老化してしまい、たとえ同年齢であってもその質に大きな差が生じてしまうのです。
これと同じことが卵子の老化にも言えます。同じ年齢であっても卵子の老化状況、質には個人差があります。ですから、卵子の老化を最小限に抑えて出来るだけ質の良い状態を保つためにも日々コツコツと「卵子の老化対策」を実践しましょう。

卵子の老化対策1「抗酸化物質を積極的に摂る」

体の老化は「活性酸素」という物質によって促進されてしまいます。活性酸素は酸素が体内で変化したもので、紫外線、ストレス、喫煙、アルコールなどにより体内に多量に発生します。この活性酸素をできる限り除去することが体の老化を予防し、卵子の老化を食い止めることにもつながります。
活性酸素に対抗するものとしてぜひ取り入れたいのが「抗酸化物質」です。抗酸化物質は、活性酸素による酸化(老化)に抗う物質で、決して特別なものではなく、身の回りにあるいくつかの食品の中にも該当するものがあります。卵子の老化が気になる方は、抗酸化物質を含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

<抗酸化物質を含む食品>
ビタミンC・Eが含まれる食品
βカロテンが含まれる食品
ポリフェノールやカテキンが含まれる食品
リコピンが含まれる食品

卵子の老化対策2「老化を早める習慣を改める」

卵子の老化を抑えるには、老化の原因を取り除くことも非常に大切です。活性酸素を多量に生み出す「喫煙」や「過多のストレス・疲労」、「睡眠不足」「過度の飲酒」「食品添加物の摂り過ぎ」などは、卵子の老化を早める一因になります。今一度、ライフスタイルを見直し、これらの生活習慣を改めるようにしましょう。基本的に、不健康な生活習慣を改善し、栄養バランスのとれた食事を3食きちんととって、規則正しい生活リズムで日々を過ごすことが、質の良い卵子をキープすることにつながります。

卵子の老化対策3「ミトコンドリアを元気にする」

卵子の老化については多くの専門家が研究を続けており、その中で近年特に注目されているのが「ミトコンドリアを元気にする」という方法です。ミトコンドリアは人間のすべての細胞の中に存在し、エネルギーを作り出すという重要な働きを担っています。当然、卵子の中にもミトコンドリアが存在するため、ミトコンドリアを元気にすれば卵子そのもののエネルギーも高まって、健康で若々しい状態を保てると考えられているのです。
ミトコンドリアを元気にする方法としては「有酸素運動」「背筋を伸ばす・ヨガ・ストレッチ」「適度な空腹感を感じつつの規則正しい食事」などが挙げられています。興味がある方は実践してみましょう。

卵子のストック数が気になる方はAMH検査を

最後に、高齢妊娠を目指す方にとっては卵子の老化問題だけでなく、卵子のストック数も気になるところです。ご自身の卵巣にどれくらい卵子のストックがあるのかについては、「アンチミューラリアンホルモン検査(AMH検査)」によって知ることができます。
もちろん妊娠成立には卵子の質が大きく影響するため、ストック数が多いから妊娠しやすいというわけではありません。ただ、採卵を必要とする体外受精を受ける方にとっては治療を進める上でのひとつの手がかりになることでしょう。アンチミューラリアンホルモン検査は血液を採取するだけと非常に簡単です。

プレゼント


【期間限定】こうのとりの折り紙プレゼント購入者全員「こうのとりの折り紙」プレゼント
(2016年7月2日サイト更新まで

ベビ待ち情報コンテンツ

  • 妊活チェック

    赤ちゃんを授かるための妊活豆知識をご紹介♪妊娠生活にお役立てください。随時更新中!

営業日カレンダー