妊活中のお酒、少しくらいなら大丈夫?

多くの方がご存知のように、妊娠中の飲酒は胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるためNGとされています。それでは妊活中だったら飲酒しても特に問題ないのでしょうか?妊娠した際の胎児への影響はもちろん、それ以前の受精力や着床力に影響したりしないのでしょうか?そんなベビ待ちさんが少し気になっている“妊活とアルコールの関係”について解説します。

結論としては「医学的にはっきりしていない」

お酒が好き、お酒を飲むことが趣味というベビ待ちさんにとって最も気になるのは「飲酒によって妊娠しにくくなるのではないか?」という点。これについては現在のところ、医学的に明らかになっていません。つまり、飲酒と不妊の因果関係は確認されておらず、NGとは言えないということです。
だったら「妊活中の飲酒は何も心配する必要なし」なのかというと、残念ながらそうではないとする説も一部存在します。

妊活中の飲酒が妊娠率低下を招くという説も

アメリカの生殖学会により発表された研究データによると、「女性の場合、1日2杯のアルコール摂取で不妊のリスクが60%増す」「1日1杯未満の飲酒であれば不妊のリスクは35%低下する」とされています。研究内容の詳細までは言及されておらず、必ずしもこの通りであると断定できる段階のものではありませんが、ひとつの可能性として飲酒が不妊を招き得ることを示唆しており、これはベビ待ちさんにとって見過ごせない大きな問題と言えるでしょう

ノンアルコールなら絶対大丈夫!は間違い

お酒が飲みたいけれど飲めない、飲みたくないという方のためにある「ノンアルコール飲料」ですが、ノンアルコール=絶対に安心という認識は正しくありません。それはノンアルコール=アルコール0ではないからです。ノンアルコール飲料にも0.05%以下のごく微量のアルコール分が含まれています。ただ“ほぼ含まれない状態”に当たることからノンアルコール飲料として分類されているのです。
ですからノンアルコールだからと多量に摂取すると、普通のアルコール飲料と同じくらいの量のアルコールを摂ってしまう恐れがあります。飲み方には十分注意しましょう。

「嗜む程度なら問題なし」という意見が大多数

妊活中の飲酒による影響については「医学的には明らかになっていない、しかしリスクがある恐れもある」といった不明瞭な状態ではありますが、大半の医師・専門家は「適量を嗜む程度であれば問題なし」と結論づけています。
というのもお酒が好きな方にとってお酒を飲めないことは大きなストレスです。お酒を飲むことで日頃の疲れが癒えたり鬱憤が晴れたりするという方も多くいらっしゃいます。そのような方が無理に禁酒することは心身に大きなストレスを与え、かえって妊娠しにくい状態を招いてしまう結果になりかねません。そうなってしまうくらいなら「疑わしきものは完全にNG」としてしまわずに、たまには少しだけお酒を楽しんだ方が心と体のために良く、妊娠にもプラスに働くのではないかと考えられているからです。
ただしあくまでも適量を嗜む程度であり、飲み過ぎは禁物です。飲み過ぎは健康上、様々な問題をもたらします。健康に悪いことは当然、赤ちゃんを迎える体のためにも好ましくありません。

お酒好きの方は妊娠時に備えて妊活中から節酒を

最終的に、妊活中の飲酒については個人の考え方に委ねられるところでしょう。しかし妊娠中は、飲酒すると胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるため絶対にNGです。どんなにお酒が好きという方も、妊娠したら赤ちゃんのためにお酒を我慢しなければなりません。頻繁にお酒を飲んでいる方が突然お酒を絶たれてしまうのは非常につらいことです。
ですから日頃お酒をよく飲むというベビ待ちさんは、授かりやすい体づくりのためにはもちろんのこと、近い将来妊娠した時のためにも、少しずつお酒の量を減らす努力をしてみましょう。休肝日を増やしてみる、ノンアルコール飲料を試してみるなど、小さな心掛けから実践していくと良いでしょう。

プレゼント


【期間限定】こうのとりの折り紙プレゼント購入者全員「こうのとりの折り紙」プレゼント
(2016年7月2日サイト更新まで

ベビ待ち情報コンテンツ

  • 妊活チェック

    赤ちゃんを授かるための妊活豆知識をご紹介♪妊娠生活にお役立てください。随時更新中!

営業日カレンダー